日々感じたこと、美味しかったこと、時々楽しむパン作りを想いのままに綴ります。


by ma-co321
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

FINLAND⑥

天気;曇り時々晴れ(初めての青空!) 気温;2℃(さぶーい)


毎朝同じビュッフェだったけど、毎朝写真を撮った。一番のお気に入りはマッシュルーム。毎日大きさが違うが、とっても風味がある。さすがヨーロッパ。そして、オーガニックポテトパンというのが超美味しい!多分、すりおろしたじゃがいもが入っていたと思われるので、しっとりしていた。
そしてベリースムージーが毎朝の日課。一番にゴクゴクゴクっと。

b0083918_013973.jpgb0083918_0132851.jpgb0083918_015781.jpg








1日過ごせる日は今日で最後。昨日で満足してしまった私たち、今日はもう一度行っておきたいところに行くことにした。日本での予定では、時間があったら船に乗ってエストニアのタリン(世界遺産)に行こうと話していたけれど、やっぱりヘルシンキを満喫することに。

まずはアラビアの工場、iittalaのアウトレットへ。私はデザインフォーラムのカフェで出してもらったカップが欲しくて、あと、妹に買いたいものがあったので。。。たかも買い足し。またじっくり食器を見て目に焼き付けた。




次に、ハカニエミマーケットのmarimekkoでお土産を。1階のお菓子屋さんでtakaが手作り飴を買う。30分後もなめていて、『ぜんぜん小さくならん!』と言っていた。お店のおばさんに『写真撮ってもいい?』と聞いたら『OK~』とはにかんでいた。『日本人はホント、写真が好きね~』と言いたかっただろうな。

b0083918_0204981.jpgb0083918_021733.jpgb0083918_0212517.jpg








一度ホテルに戻り荷物を置いて、ランチはかもめ食堂に行く。(旅中かもめ食堂と呼んでいた)
この旅でまだ食べていないトナカイ肉に挑戦!あと、私のガイド本には、『ここのマッシュポテトはヘルシンキで一番おいしいと太鼓判を押す人も。』と書いてあるので、ミートボールと共に期待する。

b0083918_0262194.jpgb0083918_026407.jpgb0083918_0265615.jpg








えーっと、トナカイ肉・・・くさっ!くさいーーー。食べる前から無理・・・でもひと口食べてみる。やっぱりくさい~ひぃ~~~。実家で猪肉とか食べるので大丈夫かな、と思っていたら、においの格が違った。
そしてミートボールとマッシュポテト。塩分過多!しょっぱい。でも店内は地元男性でかなり席が埋まっていて、ランチを食べている。ここって・・・本当に名前が『食堂』だから(カハヴィラ=食堂・スオミ=フィンランド)、日本で言ういわゆる定食なんだなーと思った。

ちょうど出発前に参加した、ある栄養の講演会に参加した際に、『ガン患者の多い国』というテーマでフィンランドが上位にいたのを思い出す。たっぷりの肉と塩分、野菜が少ない・・・つい考えてしまうところ、職業病だ。シナモンロールは美味しかったが、食事は口に合わなかった。
私のガイド本、先日のチーズケーキのコメントと言い、ちょっと私の味の好みとは違ったようだ。。。


そして、かもめ食堂の最後の方に3人が地元の女性とお茶をしていたカフェにも行ってみることにした。
『カフェ・ウルスラ』 カイヴォプイスト公園を通り抜けて、港の目の前だ。

b0083918_0481673.jpgb0083918_0483773.jpgb0083918_0485580.jpg








今回、寒いのであらゆる公園をパスしたが、カフェに向かう途中で公園に行く機会を得られてラッキーだった。ここ、すごく気持ちのいい公園で、ものすごく気に入った。犬の散歩をしている人が多い。(右の写真の真ん中の白い物体は犬♪) ただ、ものすごく寒かった!この旅一番の寒さだった。

b0083918_050534.jpgb0083918_0511677.jpgb0083918_051299.jpg







ホテルに戻るついでに、気になっていたお店に寄ることにする。テキスタイルデザイナー、ヨハンナ・グリクセンのオンリーショップ。
彼女はフィンランドの自然や伝統文化からインスピレーションを受け、それを幾何学模様にしてパターンを作るという。しかも、製品は手織りで生地が厚く、長く愛用できるという。
初めて本で見たとき、一目ぼれをした。『実際にみて良かったら、絶対買うだろうなぁ私。』

予感的中、一目ぼれ。ずっと、丈夫で布製で使い勝手のいいバッグを探していたのだ。しかも、多分本人らしい人が店にいて、丁寧に説明してくれた。商売抜きに、人柄が素敵だった。とても気に入ったので購入。大切に愛用したいと思う。
最後は日本語で『ありがとう』と言ってくれた。これもこの旅初めての経験。久しぶりにいい買い物をした。

b0083918_151071.jpg
takaは途中迷って偶然入った雑貨屋でこの人形に一目ぼれしていて、即買っていた。
『この人形に毎朝拝む!なんか絶対いいことありそう!!!』と言っていた。
この表情、おもしろすぎ。背中には羽。
今でも幸運だけど、もっと幸運になってね。





明日はヘルシンキを去る日。夜はホテルで荷物を詰める作業に2時間も没頭していた。なんせTax Free商品は手持ち。持ってきた洋服は厚手のものばかり。大苦戦。

夕食はホテルのレストランにパスタを食べに行こうと言っていたが、疲れ果てた上に遅い時間になってしまったため部屋で済ませる。しかも日本からもしものために持ってきていた日本食。

だいぶ昔話(小・中学生の頃の話)に花を咲かせつつ就寝。
今回の旅は迷ったり予定以上に時間がかかることが多かったので、明日はものすごく早く空港に着くように出発時間が決定。

[PR]
by ma-co321 | 2009-10-28 23:59 | 旅行