日々感じたこと、美味しかったこと、時々楽しむパン作りを想いのままに綴ります。


by ma-co321
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:旅行( 43 )

帰省その5(市房山)

b0083918_17321874.jpg
幼い頃から遠くを見るといつも視界に入っていた市房山。熊本と宮崎の境界にある、
標高1721mの立派な山です。

小学生の頃、町の子供会などでこの山のキャンプ場でキャンプをするのが夏の恒例行事でした。

(でも、あまり好きな行事じゃなかったから、いい思い出ではない。。。)

ここに来たのはその小学生の頃以来。



b0083918_17325247.jpg
4合目付近まで車で行き、そこから市房神社まで往復1時間くらいの軽いハイキングです。

樹齢何百年、中には1000年近い杉が何本も立ち並んでいて、今の年齢になって初めて
すごい山なんだなぁと実感しました。

交通の便がよくないのと、季節のせいもあってか、山の中で出会った人は1人だけ。

静かにどっしり、のんびり(?)佇んでいる山でした。




b0083918_17351722.jpg
帰りに水上の温泉に寄ったら、露天風呂で地元のおばさま方が日傘をさしながら
入浴されていて、その傘をしつこく私に差し出してくれるので、お言葉に甘えてその
日傘を借り、炎天下の下、日傘を差しながら露天風呂に入りました(笑)

露天風呂で日傘って・・・!! 初めての経験です。
でも、今考えたら、雨傘だったような気もするけど・・・(笑)





b0083918_1734921.jpg
久しぶりに長期で九州を満喫して、たくさんの気づきがありました。

友人と家族の存在は大きいですね。離れているからこそ、会って改めてそう感じました。

東京で、本来の自分のペースを見失いがちだったな。

思い出せてよかった!

いい帰省の旅でした。

[PR]
by ma-co321 | 2011-08-24 19:58 | 旅行

帰省その4(大分)

b0083918_1192182.jpg
大分の長湯温泉へ。

大分の温泉と言えば、別府、そして湯布院。

しかし、父はなんでもマイナー派なので、長湯温泉が大のお気に入り。
正直、温泉街に華やかさなどは全くないけれど、温泉の質が最高だそうで。。。

ラムネ温泉とも呼ばれる炭酸泉。32度の温泉に入ると、体中に気泡が!!!!!
こどもがお母さんに「この水、全部ラムネなの?」と聞いてました(笑)


b0083918_1133428.jpg
常連と思われるみなさんは目を瞑って静かに入っておられました。修行僧みたいに。
私は初心者なので、初心者らしく、泡をとってはつけての繰り返しを楽しみました。ひひひっ。

32度だから、いくらでも入っていられます。

入ったところの建物の造りが変わっていて好きでした。


b0083918_11344788.jpg
敷地内に、なぜか、犬が、犬人間(?!)がすまして立っておられました・・・
誰?(笑) でも、そんなところも気に入りました。

行き道はどしゃぶりで、帰りはやっと晴れてくれました。阿蘇の景色は雄大です。

阿蘇神社と道の駅に寄って、片道3時間半の日帰り温泉旅行は終了。

お肌、つるつる♪ 確かに長湯温泉の泉質、すごい!

[PR]
by ma-co321 | 2011-08-23 22:08 | 旅行

帰省その3(実家)

両親に急用ができ、おもいがけず、丸一日実家でひとり時間。

先月放送された、BSの北欧スペシャル番組をたくさん録画してもらっていたので、それをのんびり鑑賞。

スウェーデンのホスピタルアートの特集がおもしろかったです。こちらでは、公共の建設物を建てる場合、建設費の1割をアートに使わなければならない、という法律があるそうで・・・病院も然り、です。

小児科病棟におけるこども達への配慮、例えば、受け身の立場でしかない病院という場所で、病室に飾る絵をこども自身に選んでもらい、「選択できる」という行動から気持ちを労わるところとか・・・
病気のことだけに意識がいかないように、手を動かして物を作る場所や道具が整備されているところ・・・
手術台の天井が青空のイラストになっているところ・・・等々。

観ながらドキドキしてました・・・ジーンときます・・・
「やさしさ」や「サービス」というより、お互いに個人を尊重し合っているからこその配慮だな、と思い、それが当たり前になっていることに感動しました。


b0083918_012974.jpg

実家では、父が始めた家庭菜園を披露され、収穫をさせられし、毎朝ゴーヤバナナジュースを飲まされ飲み、と、楽しい食卓が続きました(笑)

昨日も今日も、九州は大雨。幼い頃からこの大雨には慣れているので、久しぶりの雨音に懐かしささえ覚えたのでした。

[PR]
by ma-co321 | 2011-08-22 23:42 | 旅行

帰省その2(地元)

博多から新幹線に乗って熊本へ。九州新幹線に乗れて心から満足!! 次回以降はいつも通り、高速バスだろうなぁ(笑)

日曜日は親友ヨシコが古民家レストランに連れて行ってくれました。地元のこと、本当に知らなさすぎな私。。。そして、仕事柄知り尽くしている彼女。

入口も素敵です。中は広々とした茶の間風。景色は田んぼ。緑の稲穂が揺れてました。
b0083918_23251450.jpg


「球磨の恵み御膳」だったかな? どれもこれも、お世辞抜きに美味しかった!! 
地鶏ときびなご以外は殆んど野菜。多分、採れたての野菜。こっちでは当たり前の美味しさのようです。
b0083918_2325269.jpg


場所を変えて、またもや地元にこんな喫茶店が?!と驚く素敵なお店に連れて行ってもらい、珈琲。

半年ぶりにいろんなことをたくさん話して、ケラケラ笑って、至福の時間でした。

[PR]
by ma-co321 | 2011-08-20 23:24 | 旅行

帰省その1(福岡)

b0083918_1981080.jpg
待ちに待った夏休み!!!

大好きな福岡を経由して実家の熊本に帰ることにしました。

福岡に住んでいる幼なじみのたかに久しぶりに会ってみたら・・・犬を飼っていました(!)
かわいい・・・相当かわいいです❤

この一年、しつけが大変だったらしく、その成果もあってか、かなりの親バカぶりを発揮してました~(笑)
でも、その気持ちもわかるくらい、性格もかわいいワンコでした❤

夜は大濠公園を散歩。大濠公園は初めてでしたが、よかとこですねー。



b0083918_1982523.jpg
「福岡のカフェ好きなら殆んどの人が知っているよ。」という福岡っぽいカフェに連れて行ってくれました。
空間が広い、福岡っぽいセンスがたっぷり(福岡っぽいとしか表現できない・・・)、美味しい。

会うと毎度のことですが(笑)、また、たかが私によさそうな求人を教えてくれたり、福岡のカフェ同士のネットワークの素晴らしさなどを教えてくれたりして、今回はいつも以上に聞いていてワクワクしちゃいました。

楽しいこと、誰かの役に立つことを、力まずさらっと当たり前のようにやっておられるんですね~。
しびれます!!!




b0083918_1942714.jpg
次の日の朝も大濠公園へ。公園内にあるスタバ、またもや素敵でした!!

店内も広い・・・(って、これ、普通?!そうですよね・・・)

話題の博多駅ビルも満喫できました。
んー、地方都市、いいですね。(ピンポイントで福岡のことですけど(笑))

[PR]
by ma-co321 | 2011-08-19 23:07 | 旅行

沖縄3日目

3日目は雨があがりました。

ゆっくり起きて、ゆっくり過ごす。

今日は南部観光。那覇から約40分、斎場御嶽(せーたーうふぁき)へ。

b0083918_1320279.jpg


琉球の始祖「アマミキヨ」が造ったとされ、国始めの七御嶽の一つといわれる琉球最高の聖地・・・らしいです。

タクシーのおじさんが所々にある拝み場所を教えてくれました。
沖縄の文化、今でも続いている伝統、哲学。
本で読むのと実際に見て感じるのでは、当たり前だけど違います。


天然の窓の向こうには久高島。次回行ってみたい久高島。

b0083918_1320345.jpg



b0083918_13132562.jpg
ちょっと移動して、浜辺の茶屋へ。




その名の通り、目の前は浜辺です。
海海海。




b0083918_13135842.jpg




おしゃれというか、自然というか。
ぼーーーっと眺めながら時間を味わう感じです。

(ここでお土産に買ったサーターアンダギー、美味しかった!)



時間が余ったので、糸満市の人工ビーチを散歩したり、沖縄の伝統工芸である「紅型染め」や「みんさー織」を見たりして。


気候のせいもあってか心が一気に緩み、温かい気持ちになって3日間を過ごせました。
「人がのんびりしてるね」と母は何度も言ってましたが、人も土地も本当にのんびりしてました。
こんなにいい旅になるとはね~。
ありがとう沖縄。

[PR]
by ma-co321 | 2011-01-22 23:53 | 旅行

沖縄2日目

2日目の天気は予報通りの雨。

沖縄で雨なんて・・・でも、今日のメインは美ら海水族館なのでまぁよしとして、集合場所へ向かいます。
今日はバスツアーで北部~中部観光。

那覇市内から約2時間で美ら海水族館へ到着。

4階の浅海から1階の深海へ向かって緩やかに下りながら見ていきます。

b0083918_1241739.jpg

私は浅瀬の熱帯魚が好きなので、始めの方から大満足。


b0083918_12412699.jpg











b0083918_12443032.jpg
いよいよ最後は深海。

あの水槽。

サメ、マンタが悠々と泳いでいる姿に、いろんな思いを巡らせてしまいます。

ずーっと見ていられるな。

人もそんなに混んでいなくて、巨大水槽の側面にあるカフェで水槽を見ながらご飯を食べられました。

そして、外に出てイルカショーを見て、なぜかものすごく感動して涙が溢れそうに・・・(笑)




この後は、中部にある琉球村などにも寄りました。エイサーや色んな踊り、衣装を見れたので、楽しみにしてなかったけど楽しめました。
でもここ・・・前にも来たかな?記憶が曖昧。

[PR]
by ma-co321 | 2011-01-21 22:32 | 旅行

沖縄1日目

母と2人旅@沖縄

母は熊本から、私は東京から出発して那覇空港で待ち合わせ。
母は初めての、私は約10年振りの沖縄。

東京から3時間で沖縄。想像以上に暖かく、日差しが初夏でした。

b0083918_12271221.jpg
まずはお昼ご飯。

第一牧志公設市場へ行き、1階の魚屋さんで調達した沖縄らしい魚を2階でお刺身、から揚げにしてもらって食べました。

沖縄そばも。

食べ過ぎて苦しい・・・!




b0083918_12312527.jpgそして、モノレールに乗って首里城へ。


美しい紅色です。


中は意外と簡素。




・・・暖かさでどんどん元気になっていくのがわかります。そして心も緩んでいく・・・

[PR]
by ma-co321 | 2011-01-20 23:05 | 旅行

帰省

ヨシコの結婚式のおかげで、秋に帰省したのは大学生以来(!)
いろいろと楽しめたのでした。

b0083918_19592527.jpgメインイベントはもちろん結婚式。

厳か。

新郎さんには、あのまさかの12/31以来の「こんにちは!」
日記を読み返してみると、私達は素敵な店員さん(!)に出会えて、ほくそ笑んで店を後にしたみたいです。
やっぱり日記ってつけておくべきだね!(笑)




b0083918_2023497.jpg苺の赤と、クリームの白。

この紅白色ってとても好き。

新郎ではなく、「初めまして!」の出会いもありました^^









b0083918_2010263.jpg翌日、霧島神宮と霧島温泉へ。

母の手がぶれてこんな写真になったけど、けっこう好きなぶれ具合。







b0083918_20163867.jpg色合いが好み。
霧島神宮、初めて来たけど、入口の雰囲気がとてもよかった。
神社にも好みがありますが、ここ、好みです。やわらかい雰囲気が出雲と似ているような・・・。







b0083918_20183796.jpgヨシコと会った日。12/31に入れなかったこのカフェ。
まさかこんな形でシェフの料理を食べることになるなんて・・・!
人生とはつくづく不思議なものです。おもしろい。




何も写真はないけれど、兄に会いに行ったりもして。




b0083918_20245732.jpgこの日は両親と登山。1400m位の近くの山。
『まさか娘と登山をする日が来るなんて思いもしなかった!』と言ってました・・・はい。

自然から遠ざかるとそうなるんだよー。居たら多分、興味を持たなかったけどね。







b0083918_2030787.jpg山頂からは、宮崎・鹿児島・熊本方面を一望。
平日だし、地元の人は登らないし、すれ違ったのは2組のみ。殆んど貸し切り状態の登山でした。
おにぎりが最高に美味しかった!!!(と私と父はこの後しつこく何回も言っていた。)






長いかな、と思っていたけれど、過ぎてしまうとあっという間。
親とゆっくり話もできて、気持ちも新たに。
客観的に最近の自分のことを省みれた気がします。とてもよかった。
こんな時間を作ってくれたヨッピーに感謝!!おめでとう♪

[PR]
by ma-co321 | 2010-10-28 20:48 | 旅行

富士山2日目

降り続く雨と、鳴りやまない風の音。満天の星を見れないまま寝て、ご来光の時間に起きても外は雲。
今日も強風と雨だという。正直、ものすごーーーく不安だった。今となっては引き返すべき天候だったが、頂上を目指す覚悟をしてしまった。。。

ひたすら岩石を登る。平日だし人も少ない。人が少ないからこの日程にしたが、こんな天気じゃ不安しかない。誰か来るとほっとしたりして。

なんとか頂上に着いたけど、途中下はガスやら霧やら雲やらで下界は一切見えず。。。頂上に着いてもなんだか嬉しくない。景色がないと、登った気になれないのだ。
頂上の郵便局ではがきを出したかったけど、今日はその30分の道のりが非常に危険だと言われ、潔く行かないことを決める。寒い。超寒い!!!

さて。下山しようという頃、再び強まる突風・・・でも降りなきゃ帰れないから進むしかない。
下山道は仕切りの鎖がないので、更に危険地帯。誰もいない下山道で早速私たちは危険な状況に陥り、わたし、不覚にも涙が出そうになりました。。。そしたら彼女もそうだったらしく、それを聞いてとりあえず大声で「こわいよー!」と叫んでみた(笑)
ま、叫んだところで誰も助けにきてくれる訳でもないし、風が止む訳でもない。自分しか踏ん張れないのだ・・・。
b0083918_1940162.jpg下山は口数も激減。相変わらず下界は一切見えず。頂上も見えず。本当に私たちは富士山にいるのか?とさえ思えてきた~。

6:00出発、9:30頂上到着。13:30下山。
ラスト1時間半くらいでやっと視界が明るくなってきて下界が見えたけど、全体的に物足りなくて仕方なかった。景色こそ私にとっての登山の醍醐味だと、今回すごく実感した。だから今度は人が多かろうが、梅雨明け後にまた登ることを決意。

でも、こんなに身の危険を感じたり、自分の命を大事に考えたりすることはなかったので、いい経験が出来たかな。チームワークもバッチリでした(!)登山前に、「登山中に思いついたいろんなことを帰ったら実行しよう」と決めていたので、早速実行に向けてスタートです。

1日目の中盤にみつけた虹。一瞬だけハートのような雲とつながって、これが一番印象的な景色になりました。
b0083918_19502649.jpg


ありがとう富士山!またお願いします。

[PR]
by ma-co321 | 2010-07-13 19:55 | 旅行