日々感じたこと、美味しかったこと、時々楽しむパン作りを想いのままに綴ります。


by ma-co321
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:鑑賞( 12 )

クレー

b0083918_18341168.jpg

《 花ひらいて 1934 》
パウル・クレー展@東京国立近代美術館


クレーの絵は大好きだけれど、時代背景や技法云々にはかーなーり疎い私にとっては、「具体的な技法を紹介→作品を観る」が繰り返されていた今回の展覧会の流れはすばらしくためになりました。


ドキドキする作品がたくさん観れて大満足です。


展示してなかったけれど、回りながらどうしても天使シリーズが頭をよぎって仕方なかった・・・。

More
[PR]
by ma-co321 | 2011-07-29 19:06 | 鑑賞

寄席

b0083918_2253589.jpg初めて寄席に行きました!

場所は神楽坂の毘沙門天。GWにも来ましたねー、ここ。

休憩をはさんで2時間半、落語が4つと漫才が1つ。

相当笑えました(笑)

私の知識不足で理解できない言葉も沢山あったのですが(昔の言葉や風習)、それでも十分楽しめた。むしろ、勉強になる!

生っていいなぁ。笑いっていいなぁ。
と、改めて違う角度から気づかせてもらえました。

また行きます!!!
次はあの大物狙いで・・・(笑)

[PR]
by ma-co321 | 2011-06-19 22:54 | 鑑賞

新たな一面

b0083918_2141687.jpg東京都現代美術館へ。
企画展2つ見てきました。トランスインフォメーションと、オランダのアート&デザイン 新・言語。

最初は右脳?を刺激したのが久しぶりすぎて、クラクラきてしまい、休憩挟んでやっと楽しめるようになりました(笑)

建物の空間が好きだったな。併設のカフェも。E籐さんが不在だったのが悔やまれます。また行こう。

お茶をしながら最近の色々なことを話していたら、まさかの展開が待っていて、暗闇の中からようやく一筋の光が見えてきました。嬉しい!!!今年一番嬉しかった(笑)

移動して、丸ノ内でインド料理。丸ノ内ブーム続いてます。2人で忘年会という名のいつも通りのディナー。
野菜カレー、ほうれん草カレー、バターチキンカレー。満腹。

[PR]
by ma-co321 | 2010-12-19 21:34 | 鑑賞

perfume

きらめく装いの美~香水瓶の世界@東京都庭園美術館

香水は滅多につけないし、全然詳しくない。でも、いろんな瓶を見てみたくて。香水瓶が280点!
詳しいコと一緒に行ったので、解説を聞きながら楽しめた。

ヒポクラテスが香りには治療効果があると提唱していたこと、紀元前からガラスの技術があったこと等々・・・「へー。」ポイントもいろいろ。

洋館のようなこの美術館、趣があって好きでした。
併設のカフェがまたよくて~。ランチはとってもお上品な量だったけど、丁寧に作られていて質には満足。器も素敵。しめじの炊き込みご飯が今日だけ松茸だった。ふふっ。

恵比寿に移動して、珈琲とおやつ。
久しぶりに会ったのに、最近ずーっと私の思考のテーマとなっていることが別の話としてボロボロと出てきたので、おもしろいなーと思いながら聞く。

今年中にあと2回は会う約束をして別れた。もう10月1日。いいスタート!

[PR]
by ma-co321 | 2010-10-01 19:31 | 鑑賞

休日

b0083918_1941530.jpg解放感たっぷりの場所へ行きたい!と、みなとみらい方面を考えていたものの、今日は水曜日ということで映画館へ。それに、みなとみらいは誰かと一緒の方が断然楽しい。

借りぐらしのアリエッティ。ジブリ作品を映画館で観るのはいつぶり?!・・・記憶にない。

相変わらずジブリ作品は映像全体の色が好み。あと、今回は音楽も。
「前に進むとはそういうことだよね!」といった感じでしょうか・・・。

さーて、夕飯の準備。おっくうでも、いざ始めちゃうと楽しいのが料理の不思議。

[PR]
by ma-co321 | 2010-08-11 19:06 | 鑑賞

舞台

昨日、仕事帰りにai夫婦と蜷川監督の舞台を観に行きました。aiママが出演者のある方と縁が深いお陰で誘っていただけたのです。
b0083918_195149.jpg
「蜷川監督作品だし、シェイクスピアが絡んでるし、難しいわよ~」という話でしたが、思っていたより理解できました。まぁなんと言っても生のすばらしさに感動。宝塚出身の出演者が多く、その立ち振る舞いや仕草、声の通りにすっかりはまってしまったのです・・・!

しかし。やっぱりなのが、感受性は強いがハイセンスなアートへの理解力は乏しいワタクシ、「よかった!」というのが素直な感想で、あれこれ詳細を語ることは出来ません。。。チーン。。。あしからず。。。

出演者もよかったのだけど、最後のカーテンコールが清志郎さんの歌で、それが帰るとき、寝るとき、そして今日も頭から離れませんでした。

僕は Day Dream Believer そんで 彼女は クイーン

生で観る機会をもっと増やしたいです。

そういえば今日の帰り道、一瞬の晴れ間と遠くの黒雲の間に大きな虹が見えました。虹なんて久しぶり!でもその数分後、また雷雨となりました。虹っていくつになっても嬉しいものです。
[PR]
by ma-co321 | 2009-05-08 20:03 | 鑑賞

パウル クレー

Bunkamura ザ・ミュージアムに「20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代」展を観に行きました。

20世紀前半に活躍した23作家による64点の作品。クレーの≪リズミカルな森のラクダ≫が一番のお気に入り。
b0083918_21264254.jpg
この展覧会があるまでクレーの存在を知りませんでした。しかし、ポスターで一目惚れ。内向的で夢想的な、深い精神性に裏付けられたクレーの芸術。

素敵です。好みです。

最近クラシック音楽のCDをプレゼントされたり、こうして今まで興味がなかった絵に興味が出てきたりと、少しずつ何かが変わり始めているんですね。。。
[PR]
by ma-co321 | 2009-01-25 21:32 | 鑑賞

久しぶりに映画

魔法にかけられて』を観に行きました。銀座の昭和っぽい感じが残る映画館で。
b0083918_20574820.jpg
メルヘンチックなベタな恋愛映画かな?と思っていたけど、ユーモアたっぷりに描かれていて、あんなに笑うとは思いませんでした。あーおもしろかった!

後半のバタバタとまとめられた感じがちょっと気になったけど・・・楽しかったです。
[PR]
by ma-co321 | 2008-05-18 21:08 | 鑑賞

人吉の映画

ヨシコさんがまだ人吉にいた去年、人吉で映画の撮影があっていてよく取材に言ってると聞いていました。そして出演させてもらたったとも。

その映画、『北辰 斜に さすところ』が今日初日でヨシコさんについて行きました。
b0083918_21285675.jpg
映画は、人吉の名所や日常の街並み、高校がたくさん写っていて、『あー、やっぱりいいところだなぁ。』と・・・しみじみ。なんにもないけど、何かがたくさんつまっているのが故郷なのでしょう、きっと。温泉につかって山と空を眺めたくなりました。

男の熱い青春と戦争の悲しさ、人吉のほのぼのさ。そんな映画です。

ヨシコさんらしき人が2回も出てたけど、見たような見逃したような。残念。

帰り、監督さんたちにばったり会って、さすがヨシコさんの人脈、吉祥寺に連れてってもらって飲みました飲みました。いや~、飲みましたぁ~~。

引っ越して以来、吉祥寺はすっかりご無沙汰だったので、行けてよかったです。次は昼間に行きましょう、ヨシコさん!
[PR]
by ma-co321 | 2007-12-22 23:59 | 鑑賞

地球交響曲第6番

2004年、地球交響曲第五番を観て以来すっかり虜になった映画。そして2007年春、3年振りに第六番が完成し、本日鑑賞してきました。

第六番のテーマは『全ての存在は響き合っている』、「音を観て、光を聴く」旅。

出演者の一人、ピアニストのケリー・ヨストさんが印象的でした。芸術は詳しくないですが、この方のピアノの音は透明で清らかで品がある感じがして、すごく惹かれました。

コンサート活動はなく、CDは自主出版、1曲を録音するのにとてつもない時間を要していらっしゃるそう。ものすごい練習量だそうですが、それは曲を演奏するにあたって、いかに自分が透明になるか、エゴを消すか、そこを大切にしているからだそうです。

監督は、出演者はシンクロニシティで決まっていく、とおっしゃいます。いつも。人との出会いって、そうですよね。不思議な縁を感じずにはいられません。必要なときに、絶妙なタイミングでやってくる出会い。

今日の記憶がじわり、じわりと後になって影響してくる予感がします。
[PR]
by ma-co321 | 2007-06-06 20:35 | 鑑賞